バランスを考えよう

設計注文住宅を購入する上で注意しなければならないのは、住性能とコストのバランスです。当然ながらお金を多くかければその分良い家は建てられますが、住宅ローンを組んで購入するとなると、今後発生してくる月々のローン返済についても考えていかなければなりません。そのため、無駄にお金をかけられないというジレンマがあります。

環境も良く、交通の便も良く、仕事場からもそれほど離れていない、教育機関も医療機関も揃っている地域となれば、土地の購入にかかる費用が高くついてしまいがちです。また、あれもこれもと住みやすさを重視した住宅を建てようとすれば同様にコストがかかってしまいます

夢のマイホームですから誰でも理想の住宅を手に入れたいと思うのは当然です。しかし予算という上限がある以上、バランスを取るためにもある程度のところで妥協しなければならない部分も出てくるものです。特に育児を考慮すると、学費にもお金を使いたいという希望もあることでしょう。そのため、住宅はある程度抑えられるところは抑えて、教育にも力を入れるという選択も重要です。

家族の将来を見据えて、コストと住みやすさ、またコストと収入のバランスが取れた注文住宅を設計して建てられるように、お金にも着目して家庭に合った住宅を建てていきましょう。