注文住宅と建売住宅

夢のマイホーム、一戸建て住宅の購入を決意した後に待っているのは、注文住宅にするのか、それとも建売住宅にするのかという問題です。

家を買う注文住宅とはハウスメーカーや建築士に住宅の設計を依頼して、建築業者に依頼通りに建築してもらうという一戸建て住宅になります。これに対して、分譲住宅とも呼ばれる建売住宅とはあらかじめ決められた土地に建てられた住宅を購入するというものです。
どちらの方が良いのかという問いについては、両者共にメリットもデメリットもありますので一概に決めつけることはできません。自分の理想に合った住宅を選んでいく必要があります。

建売住宅のデメリットについては、既に建てられている住宅とその土地を購入する形になりますので、全てが自分の思い通りの住宅を手に入れられるとは限らない点や、建築工程が見られない分、工事のリスクがそれなりにあるという点などが挙げられます。好きな場所に自分の理想の住宅を建てることを目指している人にとっては、分譲住宅は合わない可能性が高いです。

一方で建売住宅のメリットについては、割安に新築住宅を購入できる点や、購入に際して要する時間が短いという点などが挙げられます。注文住宅の場合には購入を決定してからすぐに住むというわけにはいかず、着工して完成するまで数ヶ月待たなければなりませんので、分譲住宅のスピーディーさは大きなメリットと言え、また料金についても幾分安くなるのは魅力的となります。